スカートの中はケダモノでした。ネタバレと無料画像!

「スカートの中はケダモノでした。」のネタバレと無料画像はこちらから!お前本当は女だったのか…ではなくて、あなた本当は男だったの…?というちょっと珍しいジャンルのティーンズラブコミックです。友人と一緒にコンパに来たけれどいまいちその場に馴染めない。そんなときに現れたが涼って名乗る綺麗なお姉さん…。

スカートの中はケダモノでした。|ネタバレ

クリックして『スカートの中はケダモノでした。』で検索!
↓↓
スカートの中はケダモノでした。
↑無料画像と本編DLはこちら!

ヒロインは静歌っていう女の子。彼女は友人に誘われて街コンに参加します。しかし静歌はちょっと引っ込み思案のところがあるみたいでどうもこの場には馴染めていません。一緒に来た友人はかなりはしゃいじゃってます。ちょっと可哀想です。静歌自身もこんな場所に来てしまったことを後悔しているようです。少し可哀想ですね。こういう自分の性格を直すためにもこの街コンのような場所に参加して性格を矯正していくって考えもあるかとは思いますが、いきなりってのは無理でしょう。こういう時に頼りになるのは一緒に来た友人のはずなんですが、友人はイケメンを見つけてはふらふらとしていて半ば静歌のことはほったらかし気味。一人ぽつんとしてしまう彼女。「スカートの中はケダモノでした。」はこんな始まり方。ちょっとこのネタバレだと自分の境遇に重ね合わせてしまって切なくなってしまう人もでてきそう。「スカートの中はケダモノでした。」は静歌がとても共感できる、感情移入しやすいヒロインです。

そんな彼女のところに一人の女性がやってきて声をかけます。名前を涼といいます。絶世の美女といってもいいぐらいの美人。「スカートの中はケダモノでした。」の画像をみて思わず女子でもクラクラときちゃいそうなほどの美人です。そんな彼女が静歌を店の外に連れ出して一緒に飲みなおそうって誘います。引っ込み思案で人見知りの彼女も涼の不思議な魅力に負けて外にでます。そして楽しい一時を過ごすのです。

楽しすぎたのか飲みすぎてしまった静歌。涼の家に行くことになります。相当酩酊しています。お酒も普段は飲みなれないんでしょう。この酔っ払った静歌の画像もかわいいですね。そして涼もそんな静歌を見ていてたまらなくなったのか彼女にキスをしてきます。女同士ではじめてのキス。静歌はこれを受けいれてしまいます。キスだけではなくそのままベッドに押し倒す涼。ここで静歌はある異変に気づくのです。それは実はこの涼が男何ではないかということ…。「スカートの中はケダモノでした。」のネタバレはとりあえず今はここまで。

クリックして『スカートの中はケダモノでした。』で検索!
↓↓
スカートの中はケダモノでした。
↑無料画像と本編DLはこちら!

「スカートの中はケダモノでした。」の登場人物

ネタバレと重複する部分もありますが、ここでもう少し掘り下げて二人のことを紹介します。
静歌
とても可愛らしい、『妹』的な女性。性格は大人しくて人見知りっぽいところも。街コンに来たものの上手く馴染めずに孤立しているところを涼に声をかけられる。当然バージン。これはティーンズラブコミックのヒロインの必須条件になりつつありますね。酔って涼の家に行くことになったのですが、そこで彼女の運命が大きく変ってしまうことに。

『お姉さん』といった感じの美女…に見えるんだかれど実は…。静歌には近くの大学に通う女子大生で年齢は一つ上だと自分のことを説明したみたいです。なぜこのコンパに参加していたのか理由はまだ不明。油断していた静歌に襲い掛かります。卑怯な人間にも見えますが…。とんだ肉食系でした。

S系男と大人しめ女子っていう黄金の組み合わせがこの「スカートの中はケダモノでした。」ですね。これから涼の目的もわかると思いますが、そしたらここでネタバレしようかなって思っています。

「スカートの中はケダモノでした。」の感想

まず、TLの条件として私が挙げたいのは男が文句なしの美男子でなければならないということ。一見して女と間違えるぐらいの容姿をしている涼は文句なしで合格点を上げたいと思います。そして肉食系でないと話が進まないですよね。これは必須の設定ですが、涼はこれも当然クリアー。TLとしての要素はほぼ満たしているんじゃないかと思います。ここから二人がどう恋仲になるのか、ただ肉食男に静歌がやられるだけで終わってしまうのか。「スカートの中はケダモノでした。」の中ではまだ登場しないけれど、第二、第三の男が登場するのか。展開がちょっと読みにくいぶん、ドキドキとさせられます。

クリックして『スカートの中はケダモノでした。』で検索!
↓↓
スカートの中はケダモノでした。
↑無料画像と本編DLはこちら!
街コンとは…

もしかしたらこの言葉を知らない人もいるかもしれないので一応説明します。一言でいうと街を挙げての合コン。若い男女の出会いの場を提供する目的と地域振興などを兼ねて町などが主催して行われる結構大掛かりな飲み会みたいなもの。一つのお店だけでなく、いくつものお店をまたいで催されることもあります。中にはショッピングモール全体で行われるモールコンなどもあるみたいです。最初に考案した人が誰かはわかりませんが、複数店舗をまたいで参加しちゃうっていう街ぐるみのこういう催しは凄く画期的だなぁと思いますね。静歌もきっと出会いの場を広げようと参加したんだと思いますが…。

「セックス・イリュージョン★淫らなマジックにタネはない」 
 

ここで別作品をご紹介します。それはこの「セックス・イリュージョン★淫らなマジックにタネはない」です。「スカートの中はケダモノでした。」とは違うのは画像がCGっぽいという点。新しい形のTLと言ってもいいと思います。あらすじのネタバレもしてみます。

マジックショーの観覧が趣味のOLが主人公。オフタイムに出かけたショーの会場で偶然職場の上司に出会います。その上司と言うのが実は自分が大の苦手としている上司。そこで上司の落し物を拾ってあげるんですがそれがなんとマジックの小道具。そうです、この上司と言うのはショーの演者としてこの場所にいたのですが…。詳しいネタバレは専用のページをご覧くださいな。CG形式のTLってちょっと陳腐なものになりそうなのかなぁて思うかもしれませんが、この「セックス・イリュージョン★淫らなマジックにタネはない」に関して言えばそんなことはありませんのでご安心ください。

「スカートの中はケダモノでした。」の無料画像

この「スカートの中はケダモノでした。」の無料画像をここでご紹介したいと思います。ネタバレと重なる部分もあります。

最初はにぎやかな街コンでのシーンです。このコンパはどうやら大学生限定だったようですね。でも周りの雰囲気にとり残されてしまったいる雰囲気の静歌です。シュンってなっています。そこに登場するのがネタバレでも書いたとおり、涼なのです。やさしく声をかけてきます。そして外に連れ出します。静歌はなにも疑っていないどころかもっと仲良くなりたいと思っていしまっていますね。この先の展開を知っている読者からすればちょっと許せない感情も芽生えてきますね。でもこのシーンは傍から見たらとても良い雰囲気に見えてしまいます。涼は終始静歌が喜ぶようなことを言います。これはどういうつもりなのか、本心ではなくて最初から下心があったとしたら計算づくの発言なのか。

そして涼の家に泊まることになる静歌。ここから怪しげな雰囲気になってきてしまいます…。ここで引き返せばまだ大丈夫だったんでしょうが完全に涼のことを信じきっている静歌にその選択肢はなかったのでしょう。キスをする涼と静歌のシーンもこのサンプルの無料画像にはありますが、美女同士のキスシーンだと考えたら非常に綺麗に見えます。この「スカートの中はケダモノでした。」は絵がすっごく上手なのも注目してもらいたいところなんです。

「スカートの中はケダモノでした。」のzip・rar・pdf

綺麗なお姉さんだと思ってついていったら実は肉食系男子だった…?静歌ちゃんは大人しい引っ込み思案の女の子。突如豹変したお姉さん、いや男に襲われちゃう彼女はこのあとどうなっちゃう…?このコミックのzip・rar・pdfのダウンロードについて。他のコミックについての注意点と同じです。zip・rar・pdfのページをご覧ください。

この「スカートの中はケダモノでした。」の作者は『ハナマルオ』っていう名前みたいです。他にもティーンズラブっていうジャンルで作品を手がけているのかなあと思って探してみたんだけれどどうも見つからない。もしかしたらこれがデビュー作なのかもしれない。でも画像はかなり書き込まれていて新人とは思えない。もしかしたら別の名義で活動していたことがあるのかなあと思ってしまった。それか「スカートの中はケダモノでした。」を書く前は同人活動をしていたり。これはそんなに珍しいことではないと思います。

ということなので、ネタバレのあとは「スカートの中はケダモノでした。」をここまで読んだ感想を。

「スカートの中はケダモノでした。」の感想

最初に思った感想は、設定の妙ですね。まず性別を偽っているというパターンは実はこれまで別のティーンズラブでも読んだことがあります。でもそれは本当は女なのに男のフリをしているっていうパターン。そしてあるきっかけで本来の性別が明らかになって男にエッチなことをさせられるパターン。女が男に変装するのはリアル世界だとその逆よりかは簡単だって言われてますね。出ているところはよほど大きくなければ服で隠せるし、体のラインそのものも誤魔化しが効きやすい。でも男が、ってのは難しい。涼の画像は女そのものに見えますね。これは漫画だからって一言で済ますんじゃなくて、女に化けれるほどの美形だってこと。なにもこの「スカートの中はケダモノでした。」を知らない人間が涼と静歌のチューをしている画像を見たらこのマンガは百合ものなのかと思いそう。こんな美形なのにこの仮面の下は獣のような肉食系っていうギャップがやっぱりそそりますね。

そしてもう一つ、これはネタバレを書いている間に思った感想なんだけど、静歌の友人、このはっちゃけたタイプの友人には涼はまるで興味を持たなかったのか。でも最初から目的がそれならばひとりでいた静歌は狙いやすいですね。この辺のことは多分早いうちに明らかになると思います。そしたらネタバレにも追加しようかな。