2055年、性教育。ネタバレと無料CG画像!

あの20○○年シリーズの新作が配信開始!ひかりクラブの超問題作。ネタバレと無料のCG画像はこちらから!趣味とは違うっていう人は読まないほうがいいかも、そんな禁断の作品がこの「2055年、性教育。」です。

2055年、性教育。|ネタバレ

まずこのコミックの舞台は未来の世界。「2055年、性教育。」っていう題名からも現在よりも40〜から50年ほど先の世界なんでしょう。この世界では現代では考えられないような授業が学校では行われています。この未来の世界の国の方針なのでしょう。正しい性知識を覚えるために教育を充実させるという施策が五年ほど前から行われている。「2055年、性教育。」はこういう設定が背景にあるCG形式のコミック。これまでこのシリーズを読んでいる人ならば必要ないかもしれないけれど念のために設定のネタバレから。ここで行われているのは座学だけでなく、この画像のように実技と実習が中心のようです。これまでのシリーズでもその授業の様子を描いているのですが、よくもここまでネタがつきないなぁとある意味感心をしてしまいます。ということで授業内容をネタバレしていきたいと思います。

水泳
これは男女がペアになって行うようです。普通は水泳といえば個人種目なんだけれどこれは団体と言うかペア競技なんでしょうか。どういうふうに行うかは直接「2055年、性教育。」の画像を見れば早いんだけれど文字でネタバレしてみると…どうも後ろから男が挿入して、男が発射できたら女がスタートできるみたいですね。泳ぐのは女だけだということなんでしょうか。はっきりいって体育とはあまり関係がありませんね。無理矢理性的なものにこじつけている気が。女は男が発射するまでは飛び込み位置でじっと我慢しているようです。コースにそれぞれのペアが並んでいるCGはシュールです。

保健
こういうコミックでは定番なんでしょうか。ここで教えているのは緊急時の連続射精の方法。これもCGをご覧になってください。非常時や緊急時の連続射精の方法を学ぶことで男をイカせるためのテクニックを磨こうということなのか。2055年の世界ではここまで実習するのです。これは男を実際に前に立たせて講義をしています。講師のほうも大変そうだけれど楽しそうに授業をやっています。男のほうは感じまくっています。実際にどういうテクニックを使っているのかはこの「2055年、性教育。」の画像の通り。手馴れています。

体育
水泳と体育は別のようです。今度は体育館のような場所にて。ここでは手押し車をしています。これは想像がつきやすいです。そして想像の通りのことが行われています。詳細にネタバレをしなくてもわかると思います。これは男女ともに大変そう。これがどんな意味があるのかは不明。というか深く考えないほうがこの「2055年、性教育。」を読む場合はいいです。ネタバレも意味不明に感じてしまいますがこのシリーズはそもそもがこうなのです。これは今度は女が気持ち良さそうに涎をたらしているCG画像が見れます。

休み時間
休み時間もここではやりまくりです。どうやら教室のような場所で達磨さんがころんだをやっているみたいですが、「2055年、性教育。」での達磨さんがころんだはルールがおかしいです。普通この遊びは鬼を一人決めて、鬼が向こう側を向いている間に近づいていってタッチをする、鬼が振り向いているときに動いたら負け、っていうルールのはず。でもこの画像やCGを見る限りだと鬼が向こう側を向いている隙にピストン運動などをしているみたいです。もはやこれだと完全に別の遊びに見えます。ここまでネタバレを読めばわかるようにここで実施されている授業などは本来の目的とは全然違うものになってしまっています。シュールです。製作者もよく思いつくなぁと感心します。

放課後
放課後は先生もお楽しみです。というか充分楽しんでいたと思うんだけれど自分も気持ちよくなりたいのでしょう。この未来の世界では貞操観念はどうなっているのでしょうか。こんな性教育を施している2055年度はきっと誰もがこんな軽い貞操観念の持ち主になっているのでしょう。ここでやっているのは「2055年、性教育。」のCG画像で一人かなりお姉さんっぽく、OLさんっぽく見えた女性です。同僚とやっているようです。
こんな感じで順にネタバレしてみましたがやっぱり文字のネタバレだと伝わりにくいところがあると思います。だからやはりここは完全版をよんでもらいたいですね。ここまでこのシリーズのネタバレを書いてきたけれど、やっぱり年を重ねるごとに内容が過激になっていきます。これも方針なんでしょうか。

この「2055年、性教育。」はショタ要素などもあり画像の色使いなども明るく特徴的。でもまったくの別のジャンルでも読んでもらいたいマンガがあるのでご紹介。

ここからネタバレするのは人妻もの。しかも団地妻。これだけでもなぜか色っぽいイメージをもってしまうのは団地に住んでいる人に失礼です。とある団地ではある営みが行われています。一言で言うと不倫。不倫というかどこぞの男を連れ込んで女ざかりの体を使って欲求を発散させているのです。登場する団地妻は全部で3人。年齢も女性としてのタイプも様々。選びたい放題とは言えないけれど、多分だいたいのフェチには対応できると思います。このコミックについてのネタバレはこちらをご覧になるともっと詳しく書いてあります。CGも生々しくてエロっぽいです。「2055年、性教育。」とは描き方がまるで違うのがわかります。線が細かく書き込まれています。