その喘ぎ声、ひとりじめ〜腐女子がモテていいんですか?ネタバレと画像!

腐女子がヒロインのちょっとエッチででも胸がキュンキュンせずにはいられない、そんな「その喘ぎ声、ひとりじめ〜腐女子がモテていいんですか?」のネタバレと無料画像はこちらから!ユメと太陽の二人の恋はどうなる?

その喘ぎ声、ひとりじめ〜腐女子がモテていいんですか?|ネタバレ

PCからこのコミックを読むって言う人はページの中段ぐらいに説明がありますのでネタバレや感想を読んだ後はそちらをご覧になってください。

「その喘ぎ声、ひとりじめ〜腐女子がモテていいんですか?」のヒロインのユメは典型的な腐女子。今日もアニメキャラの限定版アルバムを手に入れご満悦。これを手に入れるために相当苦労をしたようです。喜びに溢れる帰り道。一刻も早く家に帰って視聴したいところ。そこでユメは駅までの道をちょっとショートカットして通ることにします。この道、作中で地図のような画像が出るんだけど、かなり近道にはなるけれど薄暗いようなのです。だから普段は通ることはないんでしょう。でも今日はそんなことも言っていられないんでしょう、愛するアニメキャラとすぐに二人きりにならなければならないのです。でもこの選択がユメの今後を大きく変えることに。

近道を通ったところ、ユメはなんと不良同士の喧嘩に遭遇。ネタバレでは省いたところなんだけど、これが「その喘ぎ声、ひとりじめ〜腐女子がモテていいんですか?」の冒頭部分に繋がります。かなり激しいバトル。でも「その喘ぎ声、ひとりじめ〜腐女子がモテていいんですか?」はバトルマンガとは違うから血がドバーって出たりはしない。ただ人がぶっ飛びます。これが最初の場面。ぶっ飛ばされたのはイケメン風なんだけど見るからに悪そうな男。ちなみにぶっ飛ばされた後にユメの目の前に落下します。バトルマンガだったら多分再起不能でこのまま退場になりそうなぐらいに派手にヤられてます。ユメはビビってその場から逃げ出します。というかこんな場所は直ぐにでも立ち去ったほうが良いに決まってます。

自宅に帰ったユメは気を取り直してお楽しみの限定アルバムを再生しようと。しかし悲劇が…。昼間の騒動によってアルバムが破損していたようなのです…。

翌日学校にてぶっ飛んでた不良と再会。二人は同じ学校だったようです。不良の名前を先にネタバレしておくと、太陽と言います。この太陽が「その喘ぎ声、ひとりじめ〜腐女子がモテていいんですか?」のヒーローです。実は昨日の騒動の時にユメは落とし物をしてしまっています。それを太陽は届けに来たのです。「これ」と言って手を差し出す太陽。このときユメの中で何かが弾けます。その要因は太陽の声。太陽はイケメンボイス、いわゆるイケボの持主だったのです…。

「その喘ぎ声、ひとりじめ」をPCから読む!

このコミックはPC用の電子書籍サイトでも配信が始まっています。もしもPCからこのサイトに来たって言う人でこのコミックを読みたくなったひとは、下のリンクをクリックしたあとに、「その喘ぎ声、ひとりじめ」って入力して検索してみてください♪胸キュン作品が他にも読めるお薦めサイトです。

「その喘ぎ声、ひとりじめ〜腐女子がモテていいんですか?」の登場人物

ユメ
二次元にしか興味がないかなり気合いの入った腐女子。でも自分の見た目にはかなりの気を使っていそうで制服の着こなしとかは凄く可愛い。普通に彼氏とかも居そうに見えるんだけど生身の男には興味がないんでしょう。めちゃくちゃモテそうなのに勿体ない。それが太陽と出会って彼の『声』にハートを射抜かれてしまいます。こういう女の子が本物の男に惚れてしまったらどうなっちゃうんでしょう。
太陽
見た目からもヤンキーまるだし。でも可愛い顔をしています。見た目によらずに純情なところもあるみたい。イケメンボイス。登場シーンはいきなり喧嘩をしているところから。これを見る限りでは喧嘩の腕の方はめちゃくちゃ強いというほどではなさそう。こっちも結構モテそう。不良っぽい男は一定数のファンがつくものです。

もちろん「その喘ぎ声、ひとりじめ〜腐女子がモテていいんですか?」に登場するのはこの二人だけじゃないんだけど、今はこのぐらいに。

「その喘ぎ声、ひとりじめ〜腐女子がモテていいんですか?」の感想

声をテーマにしたっていうのが凄く良い設定だと思いました。マンガには当たり前だけど音声がついてません。だからいくらイケメンボイスだって言っても読者にはわからないことなのです。画像で表現しようにも限界があります。でもこれがアニメだったらどうなのか。アニメーションならば声をあてる事が出来ます。だから実際にイケメンボイスの声優をあてれば良いはずなんだけど、イケボの基準って人によって違います。だから大多数の人間がイケボだと思ったとしても、中には自分の好みではないって思う人もいるでしょう。そうなった場合、その作品はその人にとっては完全に駄作となりますね。多分心から楽しむことは出来ないでしょう。その点、マンガならばいくらイケボって言っても実際の声はわかりません。でもそのぶん自分の脳内で最高のイケボを想像しながら作品を楽しむことが出来ると思います。

もうひとつの感想。「その喘ぎ声、ひとりじめ〜腐女子がモテていいんですか?」はエッチなシーンのバランスが絶妙だと思いました。全くそういう場面がないとちょっと物足りないし、でもエッチを目当ての漫画だとストーリーがちょっとおざなりになってしまいそう、ティーンズラブを読んでいるとそんな思いをすることもあるかと思いますが、このコミックならばそういう心配は要らないのかな?って思いました。

「その喘ぎ声、ひとりじめ〜腐女子がモテていいんですか?」の無料画像

この作品はサイトによってサンプルで見れる無料画像の中味がちょっと違います。このサイトで紹介してる電子書籍サイトで見れるのは太陽の喧嘩のシーンから。ネタバレしたユメが限定アルバムを手に入れてウキウキになっているところは見れません。でも完全版はどのサイトで読んでも同じです。

ケンカで吹っ飛んだ後日の場面、ユメが恋に落ちちゃうところは見れます。一目で恋に、じゃなくて一声で恋に、っていうのが良いですね。ユメは恋に落ちたら一直線のタイプなんでしょうか。このユメがどんな子なのかっていうのがわかると思います。そしてちょっとエッチなシーンもユメちゃんがとっても可愛く感じています。これはでもエッチをしているわけではありません。やっぱり胸キュンが中心になる作品になりそうですね。