「俺の上で腰を振れ。」〜騎乗位なんてできません…ネタバレと画像!

かなりエッチなティーンズラブ、それがこの『「俺の上で腰を振れ。」〜騎乗位なんてできません…』です。無料画像とネタバレ、完全版はこちらから!とあるサークルに潜入することになった若菜の運命は…?

「俺の上で腰を振れ。」〜騎乗位なんてできません…|ネタバレ

無事に大学入学を果たした小日向若菜。彼女が『「俺の上で腰を振れ。」〜騎乗位なんてできません…』のヒロイン。大学入学と言えばまずは受講する講義の履修登録。しかし多くの学生さんはそれよりも先にまずサークル選びをすると思います。というか凄まじい勢いで勧誘されます。若菜も色んなサークルから声をかけられます。でも彼女の場合はそんな勧誘には目もくれません。最初から入るところは決めていたみたいです。それは記者サークル。彼女は記者志望なのです。

部室にたどり着いた若菜を待ち受けていたのは部長の蜷川真ノ介。『「俺の上で腰を振れ。」〜騎乗位なんてできません…』のヒーロー。真ノ介は若菜に入部の為のテストを出します。どうもここは入会希望者全員が入れるわけではないようですね。ここで出されたのは身近に起きたスクープを150字で記事にしろっていうもの。結果のほどはネタバレするまでもないと思うけれど、不合格。いきなり夢破れた若菜に真ノ介は最終テストと称して更なる試験を出します。それはこの大学のあるサークルに潜入して、目の前で起きることを記事にせよ、といういかにも記者っぽい内容のもの。サークル名はトゥルーブルー。これだけだとなにをしているところなのかわからないですよね。まあ大学のお遊びサークルなどそんなものですが。

さて、トゥルーブルーの新歓コンパに参加した若菜。ここで驚きの事態に遭遇します。このコンパ、要は○交パーティーなんです。ここのシーンの画像が読者でもビックリなので画像じゃなくて生で目撃することになった若菜はさらに驚きのはず。そして若菜にも男が近寄ってきます。しかしそこで間に入るように現れたのは一人のイケメン。実はこれがあの真ノ介なのです…。

『「俺の上で腰を振れ。」〜騎乗位なんてできません…』の登場人物

ネタバレの続きの前にもう一度ヒーローとヒロインをおさらいしておきましょう。
小日向若菜
記者志望の女子大生。肩ぐらいまでの髪をなびかせて走る姿はとても初々しい。真ノ介から入会の為の試験を出されてますが、これはある意味ムチャぶり?まだバージンなのにエッチな出来事に巻き込まれてしまいます。
蜷川真ノ介
なぜかトゥルーブルーの新歓コンパに参加しています。この理由についてはストーリーが進むとネタバレされます。因みに普段は眼鏡をかけているんだけどこのコンパでは外してます。全然イメージが変わります。かけている画像と外している画像を見比べて同一人物だとわかる人間はいないんじゃないか。

ではネタバレの続き。はたして真ノ介は若菜の服を脱がせます。そして自分の膝の上に乗って腰を振れと。まるではたからみたらやっているかのように振る舞えと指示。若菜はバージンだからうまい具合に出来ないです。『「俺の上で腰を振れ。」〜騎乗位なんてできません…』っていう題名はこういう意味なんですね。でも細かい事を言うとこれは騎乗位ではなくて座位だと思うんですがこの際どうでも良いでしょう。真ノ介の真意はどこにあるのか、そしてこのまま結局ヤっちゃう事になるのか…。でもエッチのフリをするのであれば他のやり方もあったんじゃないかなって思いますけど。

『「俺の上で腰を振れ。」〜騎乗位なんてできません…』の感想

ティーンズラブっていうのはそもそもがエッチ系の作品に分類されると思うのですが、その中でもエッチ要素が強めだなぁって思いました。

真ノ介の意図っていうのがまだ全然わからない状態。メガネの奥で一体になにをたくらんでいるのかがわからないから余計にゾクゾクとしてきます。メガネ一つでここまで印象が変わるのはすごく珍しいです。どっちが本当の真ノ介なのか、それともまだ他の顔を持っているのか。ゾクゾクが止まらない展開になりそう。どっちかというともっさりとして冴えない感じ。エロいことになんか興味もなさそうなのに裏の顔はこんなにイケメンでいやらしかったなんて…。

そして若菜。バージンなのにかなり高度な技を使うように指示を出されてますね。このまま素直に入れちゃったほうが楽になりそうな気がするけれど。知らない男達に囲まれて裸を見られて感じている顔まで見られてしまうなんてかわいそうだけれどこれも試練の一つだと思えば…。