恋忘れ〜女の子に「発情期」が来る世界で…ネタバレと画像!

『恋忘れ〜女の子に「発情期」が来る世界で…』はメンズコミックみたいな設定のTL。とってもエッチで、でも胸キュンのストーリーです。あらすじのネタバレと無料画像はこちらから!

恋忘れ〜女の子に「発情期」が来る世界で…|ネタバレ

『恋忘れ〜女の子に「発情期」が来る世界で…』のヒロインのあこ。片思い中の男の子がいます。彼の名前は朝日。二人の恋の行方を暖かく見守りたいところなんだけれどこの物語の世界ではそうは行かないのです。このストーリーは近未来の世界が舞台。ここでは少子化対策として男女の生殖活動にある合理化が図られているのです。

それは一体なにか。ここからネタバレの本編。この世界では人間の遺伝子を操作して、動物のような発情期を迎えるようにしているのです。これは成長するとともに普通に訪れるもの。男女の体が年齢とともに変化していくのと同じで普通に迎えるようです。いうなれば男子で言うところの精通や女子でいうところの初潮と同じように大人になった証拠のようなものでしょう。これは月に一度訪れるようです。『恋忘れ〜女の子に「発情期」が来る世界で…』でのこのシステム、生殖に特化したシステムですね。

このシステムによって街中では年頃に男女がやりまくりです。あこの通学中もバスの中でも男女がまぐわってます。まだあこには発情期は来ていないので目のやり場にも困っているようです。この日は憧れの朝日くんと一緒に通学中です。ささやかな幸せというところなんですがこの生殖システム、この発情の他にも大きな変化があります。それは恋愛感情の排除。子供をつくるのにこういう感情は不要ということなのでしょうか。
あこもいずれ朝日くんのことをどうでもよくなってしまうのか、あこの恋が成就することはないんでしょうか。実は、あこには既に発情期が来ているのです。でもそのことは秘密。なぜならばそれが知られてしまったら男達の餌食になってしまうから。あこには想う人がいるのです。だから火照った体は自分で慰めているのです。

でもその秘密がバレちゃうのです。しかも片思い中の朝日くんに。朝日くんはあこが苦しんでいるのを知ってその体を楽にしてあげるとエッチをしようとします。大好きな人とのエッチ。本当ならば凄く嬉しいことなのにこれはただの生殖活動の一環として、このシステムの一環としての行為だと考えるとあこの気持ちも醒めていきます。あこは朝日くんに自分のことをどう思っているのかをたずねます…。

『恋忘れ〜女の子に「発情期」が来る世界で…』の感想

ちょっと切ないような、胸がキュンとなるようなそんなストーリー。彼女の健気さが伝わってきます。どうにか幸せになってもらいたいのです。TLとしては珍しい近未来もののストーリー。そしてこのネタバレや完全版を読んだ人なら感じると思いますが、メンズ漫画っぽい設定ですね。これを乙女心の視点で描いたのがいいですね。今までこういう設定のコミックを読んできた人は女性だどういう気持ちなのかっていうのは考えたこともないと思います。だからそういう男子にも読んでもらいたいようなマンガですね。

TLというと、彼氏がドSでわがままで強引で・・・っていうのが多いけれど、『恋忘れ〜女の子に「発情期」が来る世界で…』の場合は当てはまらないですね。これまでのTLではあまり無かったとにかく優しいヒーローです。ストーリー以外の感想としては、こちらのページの画像でもわかるようにカラー作品ですので読みやすいです。エッチシーンが激しめの作品はちょっと書き込みが過ぎて少し読みにくくなっているマンガもありますが、この『恋忘れ〜女の子に「発情期」が来る世界で…』ではカラーですっきりとしているからそのあたりの心配は要らないと思います。

『恋忘れ〜女の子に「発情期」が来る世界で…』の登場人物

あこ
ヒロイン。純情系女子。誰にも知られたくない秘密を抱えています。朝日くんのことを好きっていう気持ちのために、火照る体は自分で処理しているんだけれど気持ち良さそうというよりも苦しそう。早く楽にしてあげたい気持ちにもなります。
朝日
ヒーロー。目の前で男女の営みが行われていても無関心。クールキャラです。でも昔から彼女のことは助けてくれていたみたいです。優しい男の子。金髪のイケメンです。