ずっと待ってたのに…私ヤリ男のアイツに処女を捧げたよネタバレと画像!

「ずっと待ってたのに…私ヤリ男のアイツに処女を捧げたよ」は本格的なネトラレコミック。無料画像とネタバレはこちらから!仲の良い幼馴染み二人の間にヤリチンの間男が入ってきて…。製品版もこちらから読めますよ♪

ずっと待ってたのに…私ヤリ男のアイツに処女を捧げたよ|ネタバレ

真紀と一斗、お互いに両思いの幼馴染み。小さい頃からずっと一緒。なかなか憧れちゃうようなシチュエーション。異性の幼馴染みがいるっていうだけでも羨ましいのに相手は凄く可愛い上にしかも実はお互いの事が好き。こんなシチュエーションは男ならば憧れるんじゃないでしょうか。この二人が「ずっと待ってたのに…私ヤリ男のアイツに処女を捧げたよ」の中心となるキャラ。もう一人「ずっと待ってたのに…私ヤリ男のアイツに処女を捧げたよ」には重要人物がいるけどそれはもう少し先に紹介します。順番に。

この二人、とても微笑ましくも感じるんだけど少し残念なところも。それは、お互いに意地を張ってしまって自分の気持ちを伝えることが出来ないということ。気持ちとは裏腹に言い争いをしてしまうのです。ありがちです。特に学園ラブコメではよくある設定。実際にドタバタコメディっぽいところもあります。でも本当はこの作品はそんなラブコメとはまるで遠いジャンルの作品。ラブコメ目的の人はここでページを閉じたほうが傷つかないで済みますよ。この先の展開にビックリというかショックを受けると思います。

いつものようにケンカをしている二人の間に一人の人物が表れます。この人物の名前は大智。二人ともに旧知の仲です。二人に茶化すような言葉を浴びせる大智。このあたりもラブコメっぽい。そして大智は一斗にこのまま素直になれないと他の男に真紀が取られてしまうぞって言います。友人思いなんでしょうね。これも青春って雰囲気がして素敵です。しかしそれでも意地を張る一斗。「ずっと待ってたのに…私ヤリ男のアイツに処女を捧げたよ」のターニングポイントを挙げるとすれば間違いなくここなんじゃないかと私は思います。

ある日、大智の家に真紀が訪れます。一斗のことを愚痴ります。これは悩みや相談事のアドバイスをしているうちに惹かれあって三角関係に発展か?って思いそうだけどそんな生やさしいマンガではないです。大智が豹変します…。読む側もビックリの豹変ぶり。それ以上に展開の転換が凄まじすぎますね。体の自由を奪うかのようにされた真紀…。悲惨な状況が待っていました…。普通に三角関係ぐらいならばどんなにも良かったことか…。

「ずっと待ってたのに…私ヤリ男のアイツに処女を捧げたよ」の登場人物一覧

でももう少し詳しい登場人物たちの紹介をします。
真紀
ヒロイン。可愛いです。処女、つまりバージンです。一斗の事が好きです。一斗が自分に告白してくれるのをずっと待っていたんでしょう。こういうのは女の子からはなかなか言い出しにくいものですから仕方がないです。しかしこんなことになってしまった今だから言えることですが自分から動いていればまた違った未来があったんじゃないかと思いますね。
一斗
煮え切らない態度をとりつづけてしまっているのが裏目に。でもなかなか勇気を出せないのもわかる気がします。真面目にも見えるし、ずっと真紀の事が好きだったとしたら恋愛経験なども乏しかったんでしょう。仕方がないかもしれない。一斗からしても真紀からなにかしてくれるんじゃないかと期待していたのかもしれないけどそれでは二人の仲は進展しませんね。
大智
爽やかふうのイケメンに見えます。しかしパッと見ただけでは人は判断できないんです。見た目で葉人を判断するのは一番やってはいけないことだとこの男を見ると思います。この男の正体はヤリチン男でした。相当に経験をつんでいるみたいでテクニックも凄いらしいです。○○チンってどのぐらいの数をこなしてからそう呼ばれるんですかね。コイツの場合は何人ぐらいの女の子を喰ってきたんでしょうかね。正直な話、ここまでコイツがヒドイ人間だとは思わなかったってのがこのマンがを読んだ人の共通の感想なんじゃないかと思いますね。

微妙な心理状態の変化などを描くだけでなく、メチャメチャえろなシーンが見れるのがいいところ。でも心理描写の上手さが際立ちます。短編で終わらせてしまうのはもったいないなぁと思うマンガです。ただの恋愛模様をストーリーにしたようなマンガじゃないんです。単純な三角関係のラブストーリーが読みたかったって人には刺激が強すぎるシーンが次から次へと出てきます。ラブコメ三角関係ならば少女マンガを読みましょう。

ずっと待ってたのに…私ヤリチンのアイツに処女を捧げたよ

既に書いたようにこのコミックは元は同人作品だったみたいです。確かなことまでは、詳細まではわからないけどPC用などの同人ダウンロードサイトでは「ずっと待ってたのに…私ヤリチンのアイツに処女を捧げたよ」っていうタイトルで非常に似た作品があります。権利の関係でしょうか、細部までは確認できませんでした、すいません。

この大智という男はいつから真紀をやろうとしていたのか。しかし計画的に見えるところも。だとしたら相当な鬼畜。いや、真紀のことが好きだったとしたら彼も耐えていたのでしょう。本来、真紀の処女は一斗に捧げるつもりだったんでしょう。それを奪った優越感をこの先もずっと感じながら生きていくのだと思うとちょっとムカついてきますね。でもヤリチンの大智からすると相手が初めてかどうかは実はそこまで大事ではなかったのかもしれない。悲しいですが。

「ずっと待ってたのに…私ヤリチンのアイツに処女を捧げたよ」の無料画像

まず、サンプルでこのコミックの激しさを体感してもらいたいです。学園恋愛ストーリーっぽい感じもあるからそれとエッチなシーンのギャップも感じてもらいたいです。ちょっとこういう作品は見たことが無いなって思うはず。そこで興味をそそられたらそのままダウンロードしちゃって見てください。個人的にこのサンプルの中で興味深かったのはたった一枚でも大智がテクニシャンっぽいなって思わせるところですね。なんでそう思ったのかというと、題名からもお察しのとおりに真紀はバージン。それにも関わらず、メチャメチャ感じているシーンが有ったから。もしも相手が一斗だったらここまでの事になっていたか疑問。多分なってないでしょう。ネトラレ作品は読み始めてはまっちゃうとウツっぽい気分になることもあるから注意です。しかしその気分がたまらないって言う人もいる見たいなんですが。