女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。ネタバレと画像!

「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」はジャンルで言うとハーレムものかも。エッチシーンが満載のマンガ。ネタバレと無料画像はこちらから!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。|ネタバレ

「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」の主人公の名前は相川壮介。職業はフリーター。ボロアパートに住んでます。いつもバイト先でこき使われヘロヘロになって帰宅。そんな壮介の唯一の楽しみと言っても良いのがこのアパートの管理人である清水由紀と顔を会わせること。ボロ雑巾のようになるまで働かせられて帰宅するときにアパートの共用部分を掃除している由紀と出会して、そこで疲れを癒しているようです。

この日も夜勤明けで疲れきって帰宅したところ、由紀に労いの言葉をかけてもらい嬉しそう。しかし眠りにつこうとする壮介を邪魔する騒音が。上の階からドンドンという足音が。これでは眠れません。そしてどうやらこれは毎日のように聞こえるらしい。ついに苦情を言いに行く壮介。上の部屋の表札には丹生と書いてあります。

苦情を告げるとドアを開け出てきたのは可愛い女の子。「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」のもう一人の重要な人物。可愛いというよりエロい格好をしてます。動きやすい格好をしているんでしょう。画像なしだと説明しにくいけどホットパンツにへそ上の丈のシャツを着ています。露出が大きいです。自分の部屋の中だし特に人に見られる事を想定していなかったんでしょう。この女の子曰く、俳優志望のため毎日家でレッスンをしているとのことで素直に謝ります。可愛さのあまり許してしまう壮介。自室に戻って眠ろうとするも、先程のエロい格好をした女の子が頭に浮かんできます。そしてムラムラとしてきてしまい、一発抜いてから寝ることに。

そんな事をしているときに大事件が発生。相変わらず練習をしている彼女、いきなり床が抜け落ちてしまいます。こんなことって現実に起こりうるんでしょうか。どんだけボロかったんでしょうか。激しく床を踏み均していたのが原因だったとしても普通に生活していてもいずれは床が抜け落ちてしまっていそう。そのまま宙吊りになります。その先には下半身丸だしの壮介。驚いている暇もなく下から持ち上げる支えます。「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」っていう題名はこういう意味だったのです。

しかし上手く支えることが出来ません。彼女の股間に丁度顔が来るような形に。ひゃって声が出ちゃってます。感じてるんでしょう。そしてそのまま落下。これも画像無しだと説明しにくいけどまるで騎乗位のような格好。しかも壮介は自分の息子は出したまま。これが良かったのか、息子の先っぽが丹生さんに挿入されちゃいました。まるでというか普通に騎乗位です。宙吊りになってジタバタとしているうちにホットパンツもずれてしまったようです…。

こんなまさかの形でエッチに突入することになった二人。お互いに気持ちよくなってしまい騎乗位のまま激しく求め合います。

皆さんここである人物を忘れていはいないでしょうか。そうです由紀です。最初に登場したときはまるでヒロインかのような雰囲気でした。そんな彼女がこのまま登場もせずに終わるはずがありませんね。どうやってここからストーリーに絡んでくるのかなあと思ったんだけど、この物件の大家でもある彼女が、自分の所有するアパートの床が抜け落ちてそのままなにもしないわけがないですね。きっとその辺りからストーリーに関係してくるんじゃないかと思ってはいるんだけど…。というか私は結果を知っているので、詳しく書きすぎないように気を付けます…。

「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」の感想

上から落っこちた先に丁度息子さんが控えていて、しかも準備万端だからそのまま挿入なんて無茶苦茶な始まりだけれど、そんなものが気にならないほどに二人の女性陣が可愛いです。最初は由紀が落ちてくる役目なのかなと思ったら違ったのでそれは少し驚き。でも「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」の表紙の画像に映っているのは彼女なので、由紀がヒロインだと考えて間違い無さそうです。最初にエッチするのは丹生さんなんだけれど多分噛ませのようなキャラになるんでしょう。

カラーコミックでよくあるゴチャゴチャとした雰囲気もありません。そして着ている服や髪の色などに個性があってキャラ付けに一役かっているなと思いました。カラーなのが本当によく活きています。

「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」の登場人物

壮介
高卒フリーター。ボロアパートに住んでるくらいだから生活は楽ではなさそう。まあまあの見た目。上から落ちてきた女の子を受け止める拍子に生挿入をしてしまうほどの幸運の持ち主。
由紀
アパートの大家。壮介よりも年上。でも同じぐらいの年に見える。この年齢で大家ということは親が持っていた物件を相続したとかだと思われる。清楚系の美人。おっぱいが大きい。
丹生
女優志望。この子も綺麗。同じ物件に住んでるだけでほぼ初対面の壮介となり行きからエッチします。彼女もたまってたんでしょうか。由紀よりかはおっぱいは小ぶり。

「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」の無料画像

サンプル画像は上記のネタバレの、挿入してエッチをするところまでが見れます。そこから由紀がどうストーリーに関わってくるかまではサンプルではわかりませんね。ただ間違いなくサンプルのシーンが終わった後に彼女は出てきますし、エッチシーンもあります。それは完全版で読むしかないのです。

「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」の展開予想

まだまだストーリーが始まったばかりなので、というか私自身が読み始めたばかりだから、ここからどうやってって由紀とエッチな仲になるのかが気になります。配信中の話では既にそういう関係になってそうなんだけれども、まだそこまで読んでいません。

でも同じアパートの住人とヤっておいて、すぐにまた同じコミュニティー内の人間とヤるってのはリスクが高い気がするけども、「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」のようなハーレム要素を含んだマンガに於いてはそんなリアルな設定などはとらない事が多いですね。まさか由紀とはヤらずに狂言まわしのようなポジションで話が進むのか?って一瞬思ったけれど、それならばタイトル画像に下着姿の彼女が描かれることはないでしょうからそれは有り得ないかと。でも「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」というタイトルはどう考えても彼女ではない。もしかしたらこっちが勝手にヒロインだと思っているだけでストーリー上は彼女はヒロインという扱いではないのかもしれない。まだまだ完結するには時間がかかりそうなこの作品、完結まで読み終えたらそのあたりはハッキリとわかるんじゃないかと思います。というか途中でわかるか…。

やっぱり気になるのはここまでに登場している二人の女の子のうち、どっちを「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」のメインのヒロインに据えていくのかというところ。壮介の気持ち的には清水さんのほうに気がありそうなんだけれど、先に繋がることになったのはこっちの別の子。先にエッチをしてから恋仲になること自体は珍しくもないだろうけど、これで気持ちまでもグッと傾いてしまうのか、それとも割り切ってエッチだけの関係で終わるのか。

でも、多分今後もたびたび登場することにはなると思うこの丹生さん。なんと言っても「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」という題名は彼女の事を指しているんだろうからメインキャラと言っても良いぐらいの扱いのはず。この記事を書いている時点ではまだまだこのマンガは完結していないので最終的に作品中、彼女がどのくらいのウェイトで登場するのかは予想の範囲を出ませんが、こんなにもエロくて可愛いキャラが使い捨てなわけはないと思います。

そして私が読んでいる部分までだと他の住人は出てきていない。いくらボロだっていっても入居者が二人だということはないだろうから何かしらの機会に登場しそうな気がする。ストーリーとは直接的な関係は無いけれど、こういうボロって貧乏学生や若者に意外と需要があるみたいです。

ということで、「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」のこのあとのストーリーの予想としては壮介と二人の女の子達がガッツリと絡み合う三角関係的な物語になっていくんじゃないかと思ってます。最新話が配信されていきストーリーが確定していったらネタバレもどんどんと追加していく予定です。

「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」のzip・rar・pdfファイルについて

zip・rar・pdf等の画像ファイル、圧縮ファイル等については他のマンガともどもまとめて注意点を書いたページがあるんだけど、あまりにも作品タイトル+これらのワードで検索してこのサイトにくる方々が多いので改めてここで説明しておきます。まず、このサイトは「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」に限らず全てのマンガ作品に対して違法なダウンロードまたはアップロードは推奨していません。ネタバレや画像に関しても問題があると思われる箇所は削除しています。サイト中に使われている無料の画像という言葉、これは正規配信サイト内で読めるサンプルを指します。

サイトにより、見れるシーンに若干違いがあるけれど、ここで紹介しているこのサンプルでは清水さんと丹生さん、そして壮介の三人のキャラがちゃんと登場します。そしてちょっとエッチな場面もキッチリとあります。丹生さんがなんで天井から落下したのか、そしてどういうタイミングで挿入まですることになったのかなどがわかります。これは次ページにてもう少し詳しく解説していますのでそちらをご覧ください。