叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてネタバレとCG画像!

「叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて」は叔母甥というちょっと珍しい組み合わせのメンズコミック!無料CG画像とネタバレはこちらから!レトロな劇画を思わせるタッチだけれどちゃんと今風の女性が登場します。

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて|ネタバレ

「叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて」は幸平という男と恭子さんという女がやりまくるストーリー。二人の関係は親戚同士。まず、幸平が家族と恭子のところへ車で向かうところからストーリーがスタートします。ということでネタバレスタート。

久しぶりに会う二人。恭子は幸平に会うのを楽しみにしていたそうです。自分の姉の息子。変な意味などはなく、単純に成長した姿を見るのが楽しみだったのでしょう。昔は幸平もさぞ可愛かったことでしょう。微笑ましい会話をしながらの車中。このとき、もちろん誰もこのあと幸平と恭子があんなことになってしまうなんて知る由もありませんでした。というかこの二人を除いて未だに知らないでしょう。

到着した幸平たちを笑顔で出迎える恭子。彼女も人妻。と言ってもまだまだ若いんでしょう。親戚のお姉さんという雰囲気か。色白で髪は肩ぐらいまで。まぁこのあたりの彼女の容姿については「叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて」の画像を見てもらえればわかりやすいはず。

この日は一家で泊まることになっているようです。ということで眠るための準備を始める恭子。男連中は酔って眠ってしまったようです。幸平はそんな彼女のお手伝いをすることに。といっても布団を運ぶぐらいのことなんだけれど。体の小さい幸平にとってはちょいと重労働かも。恭子からすれば慣れたもんでしょうが。ところがその彼女がつまづいて転んでしまう。仰向けに倒れてしまう。ベッドのふちに膝の裏を当てたような形でそのまま勢いで仰向けに。さらにその上に幸平が重なる形に。

二人ともどこかを痛めたりとかはなさそう。しかしこれが重大な事態を引き起こす。「叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて」のストーリーはこの恭子が転んだことがきっかけで始まったといってもいいかも知れない。

転んだら当然起き上がる必要がある。このままでは布団が敷けないから。しかし幸平は起き上がろうとしない。それどころか恭子の胸にバフっと顔をうずめる。そして何を考えているのかおっぱいをモミモミ。ビビる恭子。この時彼女の右手が幸平の股間の場所に挟まってしまっている。どうやら固く大きくしてしまっているようだ。

そのことに気づいた彼女、これは本気で発情モードに貼ってしまっていることに気づき事態が実は結構緊迫しているんではないかと焦りだす。しかし助けを呼んでこの状況をほかの人間に見られたら間違いなく二つの家族は気まずい関係になってしまう。そこまで彼女は考えました。

そこで一計を案じ、幸平のモノをズボンから取り出ししごき始めることに。一回出してしまえば落ち着いてくれるだろうという考え。こうして人妻のテクニックの前にあっというまに発射してしまう幸平なのでした。ここで「叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて」の画像では恭子の手にべたっと発射したものがついているのが描かれるんだけれど凄い量。こういうのを好きでないかたはとばしてしまったほうがいいかも。そして「叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて」はまだまだこれでは終わりません。というか始まったばかり。ネタバレももう少し続けます。

それから数ヵ月後、またもやこの二つの一家が一堂に会します。前回あったときにあんなことになってしまった幸平。こんどはやらせてくれって強烈に迫ります。余計にこの男の発情を促してしまったのでしょうか。こう考えると素直に助けを呼んでいたほうが良かったのかも知れないですね。当然恭子は断る。するとこの前のことを叔父さんにバラすと脅します。その言葉に負けてしまった恭子は一度だけという約束でやらせてあげることに。恭子は所詮姉の息子と舐めているのか結構淡々と挿入させてあげますが…。

「叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて」の感想など

まず、やっぱりこの独特のタッチについて触れないわけにはいかないでしょう。ストーリーよりもこのCGの印象が強烈過ぎます。しかしこれが逆にものすごくエロい雰囲気を出しているのです。これがすっきりとした、普通のCGや画像で描かれていたらそれほど話題にもなっていなかったかもしれない。この「叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて」の作画の『黒猫スミス』というのは他の作品でも同じようなタッチで描いています。だから「叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて」の画像を見ただけでもピンときちゃったよって人もいるでしょうね。

ストーリー的にも結構過激なものだとおもいます。人妻相手ということでまずなんとも言い難い背徳感もあるし、恭子が最初淡々としてるのがじょじょに・・・っていうのも面白い。えっちシーンの激しさもなかなか。さらに周りにバレてしまってはいけないというのが前提なので、当然バレそうな状況でのシーンが必然的に描かれますので結構ドキドキもします。

「叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて」の登場人物

恭子
口元の黒子がエロい。ストーリー上、別に知らなくても今のところは問題ないんだけれど苗字は宮田さん。かなり若くてムッチムチ。大人の色気タップリです。普通に考えたら旦那さんなどは放っておかなそうだけれど結婚するとまた別なんでしょう。このあたりの詳しいネタバレは本編で。
幸平
少し冴えない印象の男。性欲が抑えきれなくて恭子のことを襲ってしまう。作中ずっと顔の下半分しか見えません。ボサボサの髪の毛で顔が隠れているのです。これが余計に冴えない印象を強めます。